資産運用・老後資金ガイド

資産運用の必要性

資産運用

日本の財政は危機的状況で、今後の年金改革もどうなるか分かりません。

年金も宛に出来ない今、個人が自分で老後の資金を作る事は必用不可欠となっているといえるでしょう。

自身での資産運用はどうしても必要なこととなって来ているように思えます。

資産運用に慣れていない私達日本人にとっては、今まで銀行に預けるだけの消極的資産運用、貯蓄が主体となっていましたが、 今後は、積極的な資産運用方法も考えて行かないと、低金利の時代は乗り切れないでしょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

資産運用方法

投資

資産運用方法として、投資信託(ファンド)がかなり日本でも広まりました。

投資信託以外にも、ホームトレードの普及で、株式投資や外貨為替証拠金取引=FXなどが広く一般にも広がっています。

ただし、資産運用方法として、積極的資産運用だけでは、リスクは高く、急激な変動で大きな損失を被ることもあります。

資産運用は色々な資産運用方法を知り、学習し、バランスよく資金を分配して、何が起こっても、何かでカバーできるというような運用方法をとる必要があるでしょう。


資産運用と貯蓄

貯蓄

貯蓄とは、全く元本が保証されている状態で収入の一部を貯めていくことで、資産運用ではありません。

但し、全ての資金を資産運用として投資してしまうと、リスクが大きすぎで、いくらバランスをとっても危険があると思います。

考えると、資産運用と、貯蓄とのバランスも重要になるでしょう。

貯蓄の方法についても、また資産運用のための資金を作る費事についても考えて行く必要があると思います。

最新情報