資産運用・老後資金ガイド

資産運用の必要性

資産運用

日本の財政は危機的状況で、今後の年金改革もどうなるか分かりません。

年金も宛に出来ない今、個人が自分で老後の資金を作る事は必用不可欠となっているといえるでしょう。

自身での資産運用はどうしても必要なこととなって来ているように思えます。

資産運用に慣れていない私達日本人にとっては、今まで銀行に預けるだけの消極的資産運用、貯蓄が主体となっていましたが、 今後は、積極的な資産運用方法も考えて行かないと、低金利の時代は乗り切れないでしょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

資産運用方法

投資

資産運用方法として、投資信託(ファンド)がかなり日本でも広まりました。

投資信託以外にも、ホームトレードの普及で、株式投資や外貨為替証拠金取引=FXなどが広く一般にも広がっています。

ただし、資産運用方法として、積極的資産運用だけでは、リスクは高く、急激な変動で大きな損失を被ることもあります。

資産運用は色々な資産運用方法を知り、学習し、バランスよく資金を分配して、何が起こっても、何かでカバーできるというような運用方法をとる必要があるでしょう。


資産運用と貯蓄

貯蓄

貯蓄とは、全く元本が保証されている状態で収入の一部を貯めていくことで、資産運用ではありません。

但し、全ての資金を資産運用として投資してしまうと、リスクが大きすぎで、いくらバランスをとっても危険があると思います。

考えると、資産運用と、貯蓄とのバランスも重要になるでしょう。

貯蓄の方法についても、また資産運用のための資金を作る費事についても考えて行く必要があると思います。

ローン・借入

貯蓄

貯蓄と同時にローンを色々な形で抱える必要がありますね。

住宅ローンや自動車ローン教育ローンなど、何もローンを組まずに一生過ごせる家庭は少ないでしょう。

貯蓄と同時に上手に借りて返済することも大切なポイントで、それが資産運用の一部でもあります。

また分割払いやリボ払い、キャッシングなど、金利が高くつくのでできれば使うべきでない 借入もあるでしょう。どうせカードローンなどを持つのであれば、金利などをこちらのようなカードローン比較ランキング情報サイトを 利用して比較して、少しでも無駄に利息を取らり内容にすることも資産を作るにはたいせつなことなのです。

最新情報

借入はまとめるのが吉

資産運用は分散が重要だと言われていますが、借入の方はまとめるのが吉です。

たとえば、カードローンを作るのであれば、住宅ローンを組んでいる銀行で作ると、金利の優遇が有ったりします。

クレジットカードでキャッシングしていたり、リボ払いやクレジット払いにしているのならば、現金一括だけにして、その現金はカードローンでまとめて借りるほうが得です。

借入は一つにまとめるのが賢くお金を借りるコツだと言えるでしょう。どこでまとめるかは、おまとめローンをランキングしているサイトなどを参考にするといいです。

2015年3月25日|

カテゴリー:ローン・借入

銀行のカードローンが人気

キャッシングと言えば、消費者金融のカードローンが代名詞的な存在でしたが、今は、銀行のカードローンが人気です。

総量規制ができてから、銀行も消費者金融商品に力を入れていて、TVなどでも盛んに宣伝しています。

けっこうなじ需要があるからでしょう。総量規制だけでなく、グレーゾーン金利が亡くなって、現金を貸すという金融会社が一気に減ったのもあり、

直接個人向けのキャッシングサービスを強化する方向になったのでしょうね。

2015年3月23日|

カテゴリー:ローン・借入

アベノミックスで資産運用のチャンスが広がる。ここは乗るべき時です。

自民党安倍政権になって、すごい勢いがついていますね。

円安になり、株高になっています。

さて、これは、本物の投資チャンスなのでしょうか・・・

そこに疑問をもったり、不安視したりして、踏み出せない人もいるでしょう。

しかし、ここで乗り遅れてしまい、ああ、あの時投資しておけばよかったということの方が実は公開が大きいかもしれません。

資産運用にはどうしてもリスクはつきますから、なかなか踏ん切りがつかないものです。

2013年1月30日|

カテゴリー:経済ニュース

バイナリ―オプションで稼ぐのは難しいと思う

あくまで個人的な見解ですが、バイナリ―オプションで稼ぐのは難しいと思いました。

バイナリ―オプション自体まだまだしらないという人もおおいと思いますが、詳細は、いくらでも解説サイトがあるので、簡単に紹介しておくと

たとえば20分後の価格が、ある一定の基準価格より、上に行くか、下に行くかという投資をするものです。

100円ぐらいから投資でき、勝ったら1.8倍~2倍、負けたらかけた金額を失うというもので、株式からFXまでいろいろなバイナリ―オプションがあります。

最大のメリットは、初めから損出は確定しているということです。

かなり博打的な感じて、かけた金額以上失うことはないので、一般的なFXなど、損出の拡大がいつまだも続くとか、いつ損切りしてらいいのかわからないとかいう事がないので精神的に楽かもしれません。

タグ

2012年4月12日|

カテゴリー:FX外貨為替証拠金, 日経225投資